「村田 昇」の検索結果 85件ヒットしました!
キーワード
学部
曜日
時限
学期
  • 文学部 春学期 5限
  • 教育学演習1(卒論)
  •  この演習1は、教育学コースに進級したばかりの2年生が必修として最初に学ぶ科目であり、2年半余り後に提出する卒業論文について意識しつつ、教育学の学び方...

  • 文学部 秋学期 無その他 0限
  • 教育学演習14(卒論)
  •  本演習は、各自が卒論の研究テーマを明確に設定することを目標にしている。各自が関心や興味をもっている研究領域に即して、しかるべき担当教員のもとにわ...

  • 文学部 春学期 2限
  • 教育学演習(教育学の展望2)
  •  教育学コース3年次春学期の必修演習として、秋学期以降の卒論指導の準備を意図して、担当教員の指導の下で教育学研究・実践の多様な側面を理解し、研究法を...

  • 文学部 春学期 3限
  • 教育学演習3(社会教育)
  •  知識基盤社会への急速な移行への対応としての生涯学習社会の構築、弱体化した地域社会を再生する学びあうコミュニティの創出は、現代の社会教育において喫...

  • 文学部 秋学期 3限
  • 教育学演習9(社会教育)
  •  今、地域では、さまざまな社会教育事業が展開されている。 育児期の母親のための講座、子どもたちの地域での活動や学校と社会教育の連携事業、青年の居場...

  • 文学部 春学期 1限
  • 教育学演習(卒論)春期(村田 晶子)
  •  専門演習(卒論)は、文学部に入学以来学んできたアカデミック・ライティングの集大成である卒業論文を作成するための演習(科目)です。卒論は、各自が研...

  • 文学部 秋学期 1限
  • 教育学演習(卒論)秋期(村田 晶子)
  •  専門演習(卒論)秋期は、卒業論文を完成させることを目指すものです。卒論の完成に向けては、各自の論文設計に基づいて、論文章立ての決定、理論枠組みの...

  • 文学部 春学期 3限
  • 社会教育学2-2_【文学・文構_合併】
  •  第二次大戦後の民主主義社会の形成は、社会を構成する判断主体、法を作る主体を育てることが鍵であった。社会教育法立法当時の社会教育課長寺中作雄は、社...

  • グローバルエデュケーションセンター 秋クォーター 5限
  • ジェンダーを考える 1
  •  「ジェンダー」とは、文化的・社会的・歴史的につくられた性のあり方を意味します。 そうしたジェンダー概念を基盤に、現在まで世界中で全人類を「男」「...

  • グローバルエデュケーションセンター 冬クォーター 5限
  • ジェンダーを考える 2
  •  「ジェンダー」とは、文化的・社会的・歴史的につくられた性のあり方を意味します。 そうしたジェンダー概念を基盤に、現在まで世界中で全人類を「男」「...