現代小説の楽しみ(村上春樹を読む)

 
担当講師 学期 曜日 時限 教室
太田 鈴子 春学期 2限  

成績評価方法


みんなの評価


総合
単位の取りやすさ
GP(成績)の取りやすさ
内容の充実度

出席


テストの持ち込み


授業要旨
 日本文学の内、1980年代に書かれた村上春樹の短編を読みます。世界に読者を持つ村上春樹の小説の性格を理解しつつテキストの読解をしながら、作品のおもしろさを探求します。

授業情報は常に変更がございます。特に履修時は、必ず公式シラバスや履修登録ページで確認してください。

レビューの書き直しはマイページからできます

reviewer_avatar

わさび

総合

2017-03-20 03:40:21
先生のレジュメ朗読授業は学生の自由時間。先生の声より学生が話す声の方が大きい。先生はそれにイライラしている。レポートは中間に軽いのが一個、期末試験は現代文の試験のよう。事前に問題が知らされていたものの、当日は全く別の問題が出たので先生を信じた者は死んだ。
あなたはゲストユーザーです

ゲストユーザーは、1件のみレビューを見ることができます。
現代小説の楽しみ(村上春樹を読む)のレビューをもっと見たい方はこちらからログインしてください!

レビューする!

もし、この授業を履修したことがあれば、簡単なレビューをしていただけませんか?

レビューはログイン後にできます