スポーツビジネス実習

 
担当講師 学期 曜日 時限 教室
木村 和彦 春学期 5限 14-402

成績評価方法


みんなの評価


総合
単位の取りやすさ
GP(成績)の取りやすさ
内容の充実度
授業要旨
 スポーツビジネスに関する基礎的な理解を前提として、スポーツビジネスの現場での実習を行う。■実習期間 2週間~5週間(夏季集中、8~9月)■実習生の決定 最終的な決定は、受入機関が行う(面接等を実施)。受入機関は、定員に満たなくても、実習生としてふさわしくないと判断した場合は、受入を拒 否することがある。■報酬、交通費、出張費等について アルバイトとは異なり、教育の一環としてのプログラムであり、無報酬が原則。交通費や出張費等についても、原則として実習生の自己負担となる。■実習生の義務および受入機関の免責について 受入機関と早稲田大学スポーツ科学学術院は、実習生の秘密保持の義務、災害補償、損害賠償等についての覚書を交わす。また、実習生は、受入 に先立ち、覚書に定める事項を承諾する旨の誓約書を、受入機関に提出する。

授業情報は常に変更がございます。特に履修時は、必ず公式シラバスや履修登録ページで確認してください。

この授業はまだレビューされていません。

レビューする!

もし、この授業を履修したことがあれば、簡単なレビューをしていただけませんか?

レビューはログイン後にできます