人間計測・人間情報モデリング研究法 01

 
担当講師 学期 曜日 時限 教室
百瀬 桂子 藤本 浩志 菊池 英明 松居 辰則 宮崎 正己 秋学期 2限 100-403

成績評価方法


みんなの評価


総合
単位の取りやすさ
GP(成績)の取りやすさ
内容の充実度

出席


授業要旨
 感覚・知覚・情動・知能の機能や情報の特性を明らかにするために、人間工学・情報科学的な研究手法が有効である。本科目では、人間工学的なデータ計測方法、生体機能の測定方法、視覚特性や聴覚特性の測定方法、言語・知識のモデル化手法について、実験や実習を通じて学ぶ。

授業情報は常に変更がございます。特に履修時は、必ず公式シラバスや履修登録ページで確認してください。

レビューの書き直しはマイページからできます

reviewer_avatar

くりむ

総合

2016-03-27 20:08:14
2013年度受講。オムニバス形式で、3回毎に先生が代わり、各々の専門領域の実験を行う。
当時はグループで実験を行っていたので、グループのメンバー次第みたいなところはある。
内容は、オムニバス形式ゆえ様々な実験を行える反面1つ1つが浅かった印象を受ける。
楽に単位が取れるという意味ではいい授業なのかもしれないが、実調は取得単位数の上限がかなりシビアなので、この授業がゼミの指定科目になってない限りは他の実調取った方が充実感はありそう。
あなたはゲストユーザーです

ゲストユーザーは、1件のみレビューを見ることができます。
人間計測・人間情報モデリング研究法 01のレビューをもっと見たい方はこちらからログインしてください!

レビューする!

もし、この授業を履修したことがあれば、簡単なレビューをしていただけませんか?

レビューはログイン後にできます