2年法学演習(民法) S (秋)

 
担当講師 学期 曜日 時限 教室
白石 大 秋学期 3限  

成績評価方法


みんなの評価


総合
単位の取りやすさ
GP(成績)の取りやすさ
内容の充実度
授業要旨
 この演習は、民法の判例研究を通じて、講義で学ぶ民法の制度が現実の社会でどのように機能しているのかを知り、民法に対する理解を深めるものです。同時期に担当教員が開講する民法Ⅲ(債権総論Ⅱ)Aの進行にあわせ、講義で扱う債権総論の重要判例を題材にする予定です。 受講生はいくつかのグループに分かれ、教員が指定する重要判例について事前に調査・分析を行ったうえで、他の受講生の前で報告を行います。その後、受講生全員が参加して行う議論によって、判例の意義・問題点を明らかにしていきます。

授業情報は常に変更がございます。特に履修時は、必ず公式シラバスや履修登録ページで確認してください。

この授業はまだレビューされていません。

レビューする!

もし、この授業を履修したことがあれば、簡単なレビューをしていただけませんか?

レビューはログイン後にできます