演習I(運動器スポーツ外傷・障害学)

 
担当講師 学期 曜日 時限 教室
熊井 司 秋学期 2限 100-203

成績評価方法


みんなの評価


総合
単位の取りやすさ
GP(成績)の取りやすさ
内容の充実度
授業要旨
 スポーツ選手にとって運動器に発生する外傷・障害は克服すべき重要な課題となる。運動器の異常を理解するためには、正常な身体機能解剖についての知識が必須であり、病態把握、治療・予防法を考える上で大いに役立つ。演習Ⅰでは、主として局所機能解剖の徹底的な理解を目的として、学生間相互での実習形式での学習や各種画像評価を取り入れた知識習得を目指す。

授業情報は常に変更がございます。特に履修時は、必ず公式シラバスや履修登録ページで確認してください。

この授業はまだレビューされていません。

レビューする!

もし、この授業を履修したことがあれば、簡単なレビューをしていただけませんか?

レビューはログイン後にできます