日本語と日本文化 05

 
担当講師 学期 曜日 時限 教室
朝日 祥之 秋学期(前半) 3限 100-118

成績評価方法


みんなの評価


総合
単位の取りやすさ
GP(成績)の取りやすさ
内容の充実度

出席


テストの持ち込み


授業要旨
日本語にはさまざまなバラエティがある。その中でも方言は全国的に様々に分布する。本講義では(1)方言の定義(2)標準語・共通語の形成と方言,(3)方言の死・方言復興,(4)方言イメージ,(5)気づかれない方言(6)方言区画論(7)全国方言の言語的特徴,を取り上げる。

授業情報は常に変更がございます。特に履修時は、必ず公式シラバスや履修登録ページで確認してください。

レビューの書き直しはマイページからできます

reviewer_avatar

ぴそ

総合

2017-04-03 01:22:54
日本の方言を構造的に学ぶ授業。時々方言に関する面白い話題を提示してくれるが、内容自体は堅め。出欠・私語・内職に非常に厳しく、生徒の態度によってテストの難易度が変わったり課題が追加されたりする。基本的に期末試験があるそうだが、自分が受講した時には試験の代わりにレポートだった。(先生の都合が悪かったそう)
あなたはゲストユーザーです

ゲストユーザーは、1件のみレビューを見ることができます。
日本語と日本文化 05のレビューをもっと見たい方はこちらからログインしてください!

レビューする!

もし、この授業を履修したことがあれば、簡単なレビューをしていただけませんか?

レビューはログイン後にできます