音楽と社会B 1

 
担当講師 学期 曜日 時限 教室
梅津 時比古 秋学期 3限  

成績評価方法


みんなの評価


総合
単位の取りやすさ
GP(成績)の取りやすさ
内容の充実度
授業要旨
 「音楽」を超越的な芸術として、社会と隔絶したところでとらえる志向が19世紀から20世紀前半まで音楽研究の主流として続いてきたが、本講義では、さまざまな社会的諸関係の下に「音楽」が形づくられる、との最新の考えに立ち、「音楽」を社会の枠組みのなかで通時的、共時的に概観すると同時に、個々の関係にも立ち入って探求する。 対象のテーマは、就職時に参考となる現代社会における「音楽の仕事」から「歌曲の形式」「オペラの演出」まで多岐にわたる。

授業情報は常に変更がございます。特に履修時は、必ず公式シラバスや履修登録ページで確認してください。

この授業はまだレビューされていません。

レビューする!

もし、この授業を履修したことがあれば、簡単なレビューをしていただけませんか?

レビューはログイン後にできます