自己と社会B 1

 
担当講師 学期 曜日 時限 教室
大野 道夫 秋学期 5限  

成績評価方法


みんなの評価


総合
単位の取りやすさ
GP(成績)の取りやすさ
内容の充実度
授業要旨
 秋学期では主に青年期としての「自己と社会」を講義します。 過去から現在までの、青年期の類型、アイデンティティ形成、サブカルチャー、非行、性、ボランティアなどの青年の現象や研究を、プリントや,ロック史を中心とした音楽・映画等の映像教材、受講している学生へのアンケートなどももちいつつ、講義していきたいと思います。

授業情報は常に変更がございます。特に履修時は、必ず公式シラバスや履修登録ページで確認してください。

この授業はまだレビューされていません。

レビューする!

もし、この授業を履修したことがあれば、簡単なレビューをしていただけませんか?

レビューはログイン後にできます