生理学A

 
担当講師 学期 曜日 時限 教室
井上 貴文 春学期 2限  

成績評価方法


みんなの評価


総合
単位の取りやすさ
GP(成績)の取りやすさ
内容の充実度
授業要旨
生理学は生体における様々なレベルでの知識を統合することにより個体や生命現象を理解する学問で、複雑な生命機能を要素に分解して理解してゆく生化学・分子生物学と生命科学の両輪をなしている。授業形態は講義中心で生理学Iでは細胞生理学と腎機能および内分泌調節について学ぶ。細胞生理学では生理学を理解する上で必要な細胞レベルの知識を習得する。腎機能では体液恒常性の要となっている腎について学ぶ。内分泌調節ではホルモンの機能、生殖、環境に対する生体の調節機構を扱う。なお、生理学の体系で重要な柱である神経生理学は3年次の「神経科学」で学ぶ。

授業情報は常に変更がございます。特に履修時は、必ず公式シラバスや履修登録ページで確認してください。

この授業はまだレビューされていません。

レビューする!

もし、この授業を履修したことがあれば、簡単なレビューをしていただけませんか?

レビューはログイン後にできます