先端技術と暮らしのイノベーション 

 
担当講師 学期 曜日 時限 教室
佐伯 智則 玉置 研二 中里 純 春学期 4限  

成績評価方法


みんなの評価


総合
単位の取りやすさ
GP(成績)の取りやすさ
内容の充実度
授業要旨
近年、我々の「暮らし」の利便性が著しく向上しています。これは自動車、情報端末、医療などの先端技術の高度化やそれを利活用するビジネスモデルの創成の賜物です。また、超スマート社会サービスプラットフォームに必要となる技術(IoT、AIなど)と、それを支えるモノづくり技術(生産システム、SCMなど)、新たな価値創出のためのコア技術(ロボット等、電池、素材・ナノテクノロジーなど)の強化が望まれています。エネルギーの安定確保と気候変動抑制のための「グリーンイノベーション」の推進も重要なテーマです。ビジネスの創成、特許、そして技術者倫理やリスクマネジメントもこれまで以上に重要視されています。そこで、本講座では、自動車、携帯端末、医療、エネルギーなどの各種事例を織り交ぜながら、1.先端技術による暮らしの変化、ビジネスの変化、2.先端技術を支えるモノづくり技術とその将来像、3.技術の新たな潮流、4.技術の創成と活用、5.更なる先端技術の発展にむけて、の5つのテーマを講義します。

授業情報は常に変更がございます。特に履修時は、必ず公式シラバスや履修登録ページで確認してください。

この授業はまだレビューされていません。

レビューする!

もし、この授業を履修したことがあれば、簡単なレビューをしていただけませんか?

レビューはログイン後にできます