宇宙の物理学

 
担当講師 学期 曜日 時限 教室
喜古 正士 春学期 4限  

成績評価方法


みんなの評価


総合
単位の取りやすさ
GP(成績)の取りやすさ
内容の充実度
授業要旨
宇宙を理解するためには物理学は重要な手段である。古来測量技術の集積から出発した幾何学は、ギリシャ時代にユークリッド幾何学としてまとめられ、人類ははじめて論理的な学問体系を得た。ついで1500年かかって、力学を表現する数学手段、微分積分学を準備し、力学という自然の法則の体系を獲得した。その後発展した電磁気学、統計物理学、量子力学などは力学の体系をお手本としている。宇宙の理解も物理学なしに成り立たない。物理学を武器に宇宙をどのように理解してきたか、太陽系の運動から、惑星系、星、宇宙まで幅広く話題にする。

授業情報は常に変更がございます。特に履修時は、必ず公式シラバスや履修登録ページで確認してください。

この授業はまだレビューされていません。

レビューする!

もし、この授業を履修したことがあれば、簡単なレビューをしていただけませんか?

レビューはログイン後にできます