化学B1 電子物理

 
担当講師 学期 曜日 時限 教室
大江 親臣 春学期 1限  

成績評価方法


みんなの評価


総合
単位の取りやすさ
GP(成績)の取りやすさ
内容の充実度

出席


テストの持ち込み


授業要旨
 化学の基本を踏まえながら、特に物理化学に関する基礎項目を講義する。前半は原子や分子に含まれる電子を取り扱う手法(量子論)やそこから導かれる原子や分子のミクロな構造や性質について学ぶ。後半は原子や分子の集合体(マクロな物質)に対しての取り扱いとして熱力学の初歩を学ぶ。

授業情報は常に変更がございます。特に履修時は、必ず公式シラバスや履修登録ページで確認してください。

レビューの書き直しはマイページからできます

reviewer_avatar

obknnt

総合

2017-05-04 15:26:07
「アトキンス一般化学」という、とても良くできた教科書を使う。授業は癒し系の、きそじで見たことがあるような人が行う。

ぶっちゃけ教科書読書会みたいだが、そこまで退屈というわけでない。

テストは事前に6割ほど教えてもらえるので、友達と解答をシェアしよう。出席は取るがあくまでも救済でしかないので全欠席からのA+も余裕でできる。
あなたはゲストユーザーです

ゲストユーザーは、1件のみレビューを見ることができます。
化学B1 電子物理のレビューをもっと見たい方はこちらからログインしてください!

レビューする!

もし、この授業を履修したことがあれば、簡単なレビューをしていただけませんか?

レビューはログイン後にできます