変革期の社会と心理

 
担当講師 学期 曜日 時限 教室
入澤 敦子 川村 晃司 白岩 祐子 膳場 百合子 春学期 5限  

成績評価方法


みんなの評価


総合
単位の取りやすさ
GP(成績)の取りやすさ
内容の充実度
授業要旨
川村晃司担当部分国民の多くが社会で起きている出来事を自身の判断基準としているのは、メディアの報道振りに依拠している。メディア環境が受け手に与える心理は、時として事実を超えた想像的真理として誘導される危険性もあることを具体的なケースをもとに検証するなかで、メディアを読み解く心理的な視点を考察する。 白岩祐子担当部分裁判員制度や被害者参加制度など、わが国でも一般市民の司法参加が始まって久しい。この授業では、その中で責任ある市民となるための司法リテラシー向上を目指し、関連する最新の心理学研究の知見にもとづき、以下のテーマについて検討する。第一回:証言の信ぴょう性(記憶と変容)第二回:他害のメカニズム(攻撃と援助)第三回:自由意志と責任(無意識の働き)第四回:犯罪被害者のニーズ(公正さへの希求)第五回:交通犯罪の最前線(予防に向けて) 入澤敦子担当部分「生活意識や行動の変化、ビジネスの変化」大きな社会・経済環境の変化の中で、生活者の意識や行動も、大きく変化している。生活者の変化に、ビジネス・サイドがどう対応しようとしているかを具体的なケースで理解を深め、自分でビジネス提案を試みる。

授業情報は常に変更がございます。特に履修時は、必ず公式シラバスや履修登録ページで確認してください。

この授業はまだレビューされていません。

レビューする!

もし、この授業を履修したことがあれば、簡単なレビューをしていただけませんか?

レビューはログイン後にできます