導入演習(必修) 2

 
担当講師 学期 曜日 時限 教室
天田 悠 春学期 3限  

成績評価方法


みんなの評価


総合
単位の取りやすさ
GP(成績)の取りやすさ
内容の充実度
授業要旨
この科目は、現代社会の諸問題を手がかりにしながら刑法理論について考え、議論する力を養成することを目的とします。法学部に入学したばかりの皆さんにおいては、「刑法とは何か」、「刑法を学ぶ意味は何か」について、具体的なイメージを持ち合わせていない方がほとんどだと思います。しかし、現代社会に生起する問題のなかには、刑法と密接な関係に立つものが数多くあります。医療・経済・環境・交通をめぐる諸問題は、その典型例といえます。この科目は、現代社会の現実的・具体的問題をつうじて「刑法」を考えることによって、今後皆さんが学習する刑法総論・各論をより深く理解するための橋渡しをすることを狙いとするものです。

授業情報は常に変更がございます。特に履修時は、必ず公式シラバスや履修登録ページで確認してください。

この授業はまだレビューされていません。

レビューする!

もし、この授業を履修したことがあれば、簡単なレビューをしていただけませんか?

レビューはログイン後にできます