導入講義(選択) ―法曹の仕事を知る―

 
担当講師 学期 曜日 時限 教室
白石 大 鎌田 薫 春学期 5限  

成績評価方法


みんなの評価


総合
単位の取りやすさ
GP(成績)の取りやすさ
内容の充実度
授業要旨
 大学で学ぶみなさんは,実際に社会で活躍する法曹(裁判官・検察官・弁護士)と身近に接する機会はあまりないと思います。法曹の仕事についても,おおまかなイメージは持っておられるでしょうが,法曹が具体的に社会のどのような問題と向き合い,格闘しているかについては,よく知らない人も多いのではないでしょうか。 そこでこの講義では,毎回,早稲田大学の法科大学院(法務研究科)を修了してさまざまな分野で活躍する法曹の方々を講師として招き,オムニバス形式により,法曹の仕事の可能性・魅力を語っていただきます。受講生のみなさんには,第一線で働く法曹から学ぶことで,「法は実社会でどのように生かされているか」,「現在の法実務の問題点はどこにあるか」,「あるべき法実務とは何か,それを実現するためには何が必要か」など,現代社会と法との関係や法実務のありかたについて考えを深めてもらうことになります。 この講義を通じて,みなさんはきっと,法曹の仕事が思っていたよりもずっと幅が広く,かつエキサイティングなものであることを発見するでしょう。

授業情報は常に変更がございます。特に履修時は、必ず公式シラバスや履修登録ページで確認してください。

この授業はまだレビューされていません。

レビューする!

もし、この授業を履修したことがあれば、簡単なレビューをしていただけませんか?

レビューはログイン後にできます