導入講義(法学入門)II

 
担当講師 学期 曜日 時限 教室
原田 俊彦 春学期 5限  

成績評価方法


みんなの評価


総合
単位の取りやすさ
GP(成績)の取りやすさ
内容の充実度
授業要旨
この授業を受けるほとんどの皆さんは法学という科目をこれまで勉強したことはないでしょう。どのような学問か全くイメージが沸かないか、ずいぶん難しそうだと思っているかもしれません。実際に難しい。けれども、皆さんが高校までの勉強でイメージしやすいと思っているであろう、文学とか数学の講義を受けてご覧なさい。とても難しいですよ。簡単な学問など存在しません。難しいが一定の成果を上げたとき大きな達成感を得ることができる、そのような学問の世界に4年間ひたすら浸るという、すばらしい環境を皆さんは与えられました。今後の4年間、皆さんが法学を勉強できる基礎を提供するのが、この講義の目標です。文学や数学には固有の世界と言葉があるように、法学にも皆さんがこれまで知ることのなかった様々な特殊な世界・言葉・技術があります。つまり、法学とはどのような世界観の下に成り立つ学問か、その世界ではどのような言葉が語られているか、その言葉によって法学にとっての問題はどのように解決されるのか、これらを理解しなければなりません。先に記しましたように、こうした事柄を皆さんは全く知っていない。この授業ではそれらを皆さんに伝え、皆さんが理解し今後の法学の勉強の基礎とする、そうした授業内容となります。

授業情報は常に変更がございます。特に履修時は、必ず公式シラバスや履修登録ページで確認してください。

この授業はまだレビューされていません。

レビューする!

もし、この授業を履修したことがあれば、簡単なレビューをしていただけませんか?

レビューはログイン後にできます