ことばと論理B 1

 
担当講師 学期 曜日 時限 教室
高頭 直樹 秋学期 2限  

成績評価方法


みんなの評価


総合
単位の取りやすさ
GP(成績)の取りやすさ
内容の充実度
授業要旨
 われわれの「ことば」は一定の「論理」に基づき使用される。しかし一方、われわれの日常的言語表現は、単なる形式的論理では汲み尽くせない豊かな表現力をも兼ね備え、われわれはその豊かさを駆使しながら議論を展開し、説得を試みているとも考えられる。本講義は、「意味」についての学説を概観した後、日常的言語表現の「論理構造」を形式的な論理と比較しながら明らかにし、日常的言語表現の「わかりやすさ」「わくりにくさ」。有効な「議論」の構造を明らかにし。

授業情報は常に変更がございます。特に履修時は、必ず公式シラバスや履修登録ページで確認してください。

この授業はまだレビューされていません。

レビューする!

もし、この授業を履修したことがあれば、簡単なレビューをしていただけませんか?

レビューはログイン後にできます