ことばと論理A 1

 
担当講師 学期 曜日 時限 教室
高頭 直樹 春学期 2限  

成績評価方法


みんなの評価


総合
単位の取りやすさ
GP(成績)の取りやすさ
内容の充実度
授業要旨
 われわれは「ことば」によって考え、コミュニケーションを行っている。こうした「ことば」の使用を可能にしているのは、「ことば」が一定の規則に従っているからに他ならない。現代論理学は人工言語を使い、とくに推論の形式的妥当性を対象とする。本講義は、現代論理学の基本的考え方を演習を交えながら理解することにより、「ことば」を支える「論理」を考えることを目指している。

授業情報は常に変更がございます。特に履修時は、必ず公式シラバスや履修登録ページで確認してください。

この授業はまだレビューされていません。

レビューする!

もし、この授業を履修したことがあれば、簡単なレビューをしていただけませんか?

レビューはログイン後にできます