人間と自然 1

 
担当講師 学期 曜日 時限 教室
八巻 和彦 春学期 5限  
春学期 5限  

成績評価方法


みんなの評価


総合
単位の取りやすさ
GP(成績)の取りやすさ
内容の充実度
授業要旨
 本講義では、哲学の視点から「人間と自然」について研究する。「自然破壊」とか「環境問題」という文脈で、「自然」という言葉に出会うことのない日がないほどに、自然への関心が高まっている昨今であるが、とくに2011年3月の大地震とそれに伴う津波を主因とする東日本大震災、さらには大地震に誘発された福島の原子力発電所の事故等、われわれが「人間と自然」について考えてみる必要性が高まっている。古来、哲学では人間と自然との関係をどのようにとらえてきたのか、また、現代、われわれ自身がもっている自然についての理解はどこに由来するものであるのか、その理解にいかなる問題があるのか、等々を、受講生諸君とともに研究してみる。講義ではできるだけ具体的な資料を活用する。

授業情報は常に変更がございます。特に履修時は、必ず公式シラバスや履修登録ページで確認してください。

この授業はまだレビューされていません。

レビューする!

もし、この授業を履修したことがあれば、簡単なレビューをしていただけませんか?

レビューはログイン後にできます