西洋市民社会史4-1_【文構・文学・一文・二文_合併】

 
担当講師 学期 曜日 時限 教室
松園 伸 唐澤 晃一 田中 史高 春学期 6限  

成績評価方法


みんなの評価


総合
単位の取りやすさ
GP(成績)の取りやすさ
内容の充実度
授業要旨
 本講義では近代市民社会の形成過程を比較史的に考察するが、本年度はイギリス(イングランド、スコットランドの両方を含む)、オランダに加え東欧についても取り上げていく。講師の関心に従い、イギリス(松園伸)、オランダ(田中史高)、東欧(唐澤晃一)を分担し講義する。平明な講義を心がけるが、その中でヨーロッパ社会の本質を理解できればと考えている

授業情報は常に変更がございます。特に履修時は、必ず公式シラバスや履修登録ページで確認してください。

この授業はまだレビューされていません。

レビューする!

もし、この授業を履修したことがあれば、簡単なレビューをしていただけませんか?

レビューはログイン後にできます