簿記 A

 
担当講師 学期 曜日 時限 教室
金子 良太 春学期 2限  
春学期 3限  

成績評価方法


みんなの評価


総合
単位の取りやすさ
GP(成績)の取りやすさ
内容の充実度
授業要旨
 企業が社会に公表する財務諸表(損益計算書や貸借対照表)は、一定期間の企業活動の結果を「経営成績」と「財政状態」という会計数値に写しだしたものである。 本講座では、企業の活動を会計数値に集約する「複式簿記」について解説する。 毎回の授業で、実際に手を動かして問題を解いていくほか、授業に出なければ得られない簿記や会計に関する情報、そしてゲストによる講演も逐次実施していく。会計に関連する資格である、簿記検定・税理士試験・公認会計士試験・米国公認会計士試験等に関する情報も提供する。 本講義全体を通じて、日商簿記検定3級の内容をほぼ網羅するほか、最新のニュースと簿記(会計)との関連が理解できるようになる。日商簿記2級に必要な工業簿記の基礎も学ぶ。 簿記は毎回に積み重ねで成り立っているので、欠席を続けるとその後の授業についていくことが極めて難しくなる。毎回継続して出席することが強く求められる。 第1回のガイダンスから重要なことを話すので、必ず出席すること。 

授業情報は常に変更がございます。特に履修時は、必ず公式シラバスや履修登録ページで確認してください。

この授業はまだレビューされていません。

レビューする!

もし、この授業を履修したことがあれば、簡単なレビューをしていただけませんか?

レビューはログイン後にできます